神棚の基本

produced by North Agent,inc.

2. 神棚をまつる場所

① 明るく静かな高い所

② お供えや御参りしやすい所

③ 家庭では家族が主に集まる部屋

④ 会社であれば主となる場所

⑤ 神棚の下を頻繁に人が通らない所

⑥ 廊下やトイレの真下にならない所


* ただし、アパート・マンションの場合は一戸が独立した家屋と考える。
* 仏壇と同じ部屋におまつりしなければならない場合は、向かい合わせにしてはならない。
 (お参りした時におしりが神棚や仏壇に向かないようにするため)
* 上の階が気になる場合は、神棚の上に「雲」「空」「天」などの文字を墨書きして貼ると良い。